2024 年 5月 18日 (土)
ホーム社会韓国の大企業社員の平均年俸966万円…3年間19%アップ

韓国の大企業社員の平均年俸966万円…3年間19%アップ

ソウル・光化門交差点を通って通勤する市民ら(c)NEWSIS

韓国で、新型コロナウイルス感染パンデミック期間の3年間、大企業の社員の平均年俸が19.2%上昇した。平均年俸が高い企業の年俸上昇率は、低い企業の上昇率と比べると3倍程度になっている。

企業分析研究所のリーダーズインデックスが、売り上げ上位500大企業のうち3年前と比較可能な366社の社員の平均年俸と男女平均年俸の差を分析した。その結果、昨年の大企業の平均年俸は9590万ウォン(約966万円)で、パンデミック以前の2019年8050万ウォン(約811万円)に比べて1546万ウォン上昇し19.2%の増加だった。

年俸区分別の増加率は、1億2000万ウォン以上の企業59社は上昇率37.7%▽1億2000万ウォンから8000万ウォン以上の企業151社は23.4%▽8000万ウォン以下の138社は上昇率12.7%――だった。

社員の平均年俸が1億ウォン以上の企業は116社で、2019年の46社に比べて2倍以上増加した。この期間、男性社員と女性社員の平均年俸格差は65.2%から68.7%へと3.3%ポイント縮まった。

業種別に見れば、証券業社員の平均年俸が最も上昇した。調査対象18の証券会社の社員平均年俸は2019年1億549万ウォン(約1063万円)から昨年1億4538万ウォン(約1465万円)へと、18の証券会社ともに1億ウォン以上の年俸となり37.8%増えた。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular