2024 年 5月 23日 (木)
ホーム政治韓国の出生率、30年で半減という厳しさ…単身世帯の割合、20年で倍増

韓国の出生率、30年で半減という厳しさ…単身世帯の割合、20年で倍増

合計特殊出生率に関する資料を指し示す地方自治体職員(c)NEWSIS

この30年間で韓国の合計特殊出生率は半減し、1人世帯の割合は20年間で2倍以上増えた――。韓国の保健福祉省はこうした社会保障の主要統計を盛り込んだ「統計で見る社会保障2022」を発刊した。

それによると、1人世帯は増加を続け、2000年の225万世帯から2021年には計717万世帯へと約3倍増となった。1人世帯の世帯に占める割合は2000年に15.5%だったが、2021年には33.4%と2倍以上増えた。

また、女性1人が一生のうちに産む子供の数を示す合計特殊出生率は2021年は0.81人で、1991年(1.71人)の半分以下に減った。地域別ではソウルが0.63人で最も低く、世宗(セジョン)が1.28人で最も高い。

同年で、15~29歳の青年雇用率は2021年44.2%から2022年46.6%で前年比2.4ポイント増加した。25~34歳の大卒者の平均雇用率は76%でOECD平均(85%)より低かった。

65歳以上の基礎年金受給率は66.9%で女性(71.9%)が男性(60.6%)より高かった。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular