2024 年 6月 17日 (月)
ホーム社会韓国の再婚希望者が挙げた「こんな性格の相手、再婚しても幸せになれない」ラインナップ

韓国の再婚希望者が挙げた「こんな性格の相手、再婚しても幸せになれない」ラインナップ

ソウル市麻浦区のウェディング通り内の商店に陳列されたウェディングドレス(c)NEWSIS

誰かと出会い、再婚しても幸せになれない人の特徴は何だろうか。韓国のトルシング(帰ってきたシングル)の中で、女性は「劣等感のある人」を、男性は「比較する習性のある人」を、それぞれ最も多く選んだ。

再婚情報会社オンリーユーが結婚情報会社ビエナレと共同で10~15日、全国の再婚希望トルシング男女各256人を対象にアンケート調査を実施した。

「たとえ再婚できても幸せになれない人の特徴は何か」という質問に対し、女性は「劣等感」(28.9%)「否定的思考」(25.0%)「疑夫(浮気疑い)症」(20.3%)「比較する習性」(17.2%)などを挙げた。男性は「比較する習性」(26.2%)「欲張り」(24.2%)「否定的思考」(22.3%)「劣等感」(18.8%)などだった。

ビエナレ関係者は女性の選択について「夫は妻の味方となるべき存在なのに、何らかの劣等感から理由もなくイライラすれば、妻としては“私はなぜこの人と結婚したのか”と自問することになる」と解説する。また男性の選択については「人にはそれぞれ長・短所があり、条件も異なる。なのに妻が特定の事項、特に短所を周囲と比較するという行為は、夫として理解しにくい」とみている。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular