2024 年 2月 24日 (土)
ホーム社会韓国の児童・青少年対象の性犯罪…被害者平均14歳、加害者66%が知人

韓国の児童・青少年対象の性犯罪…被害者平均14歳、加害者66%が知人

©NEWSIS

韓国で児童・青少年を対象にした性犯罪の被害者が、平均年齢14歳と低年齢化している。被害者10人に6人以上は親戚を含め知人が加害者だった。

女性家族省は2020年、児童・青少年対象の性犯罪で有罪判決を受け、身元情報登録処分が下された犯罪者の判決文をもとに、性犯罪発生の傾向を分析した結果した。

それに、2020年に有罪が確定した児童・青少年対象の性犯罪者数は2607人で、2019年比で5.3%減となった。被害者数も3622人から3397人に減った。

2019年と比べると、2020年の犯罪類型では、性犯罪が2090人から1869人、性売買犯罪は310人から312人、その他の性犯罪は353人から426人に急増した。

特に、性搾取物(ポルノ、わいせつ)製作など犯罪者は63人から61.9%増の102人だった。カメラなど利用撮影罪は157人だったが、被害者は301人だった。女性家族省は「1人が多数の被害者を対象とする、デジタル性犯罪の特徴が反映されたものとみられる」と分析した。

被害者の平均年齢は14.0歳で、2017年の14.6歳に比べて低くなっている。また被害者の28.2%が13歳未満だ。

類型別被害者の平均年齢は「類似強姦」13.3歳、「強制わいせつ」13.7歳、「通信媒体利用淫乱」14.2歳、「強姦」14.7歳、「買春カメラなどの利用撮影」と「買春強要」がともに15.1歳、「性売買斡旋・営業」が15.8歳。障害のある被害者は3.7%の127人。被害当時、家出の状態だった被害者は2.8%の96人だ。

加害者は平均年齢34.2歳。セクハラの平均年齢が41.8歳で最も高く、性売買強要の平均年齢が19.3歳で最も低かった。職業は無職が27.7%で最も多く、単純労務職14.1%、学生12.4%、サービス販売職12.0%の順だった。ただし、買春では事務管理職が25.0%で最も高い割合を占めた。

加害者の性別は98.1%が男性、1.9%は女性。売春強要と、売春斡旋・営業犯罪では、女性の割合はそれぞれ21.1%、13.2%だった。

被害者と加害者との関係を見れば、66.4%は知り合いであり、30.1%は全く知らない関係だった。

知り合いのうち、加害者はインターネットチャットなどを通じて知り合った人が16.0%で最も多く、先生14.0%、地域社会内の知り合い5.4%、恋人および異性の友達5.0%、実父4.1%、義父3.3%、血族および姻戚3.1%、職場・業務関係者2.4%などだ。

加害をインターネットを通じて会った場合、最初の接触ルートはチャットアプリが51.1%で最も高く、実際オフラインでの出会いにつながった例は72.2%に達した。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular