2024 年 5月 22日 (水)
ホーム経済不動産韓国の住宅、上位1%が100万世帯所有…一人当たり7.2世帯ずつ

韓国の住宅、上位1%が100万世帯所有…一人当たり7.2世帯ずつ

©news1

韓国で、2020年時点で多住宅者の上位1%(14万6966人)が住宅106万3608世帯を持っていることが、野党「共に民主党」のパク・サンヒョク議員=国会国土交通委員会所属=が統計庁から入手した「国内上位10%所有住宅数」資料で判明した。1人当たり平均7.2世帯の住宅を所有している計算になる。

これは個人、国、自治体、法人などが所有している韓国の総住宅数(1852万5844世帯)の5.7%となる。

範囲をさらに広げると、多住宅者の上位3%(44万898人)が所有するのは計183万865世帯で、全体の9.9%を占める計算になる。これを人数帯で割ってみると、1人当たり平均4.2世帯ずつ所有していることになる。

さらに範囲を広げると、多住宅者の上位10%(146万9661人)が所有するのは計388万5649世帯で、全体の21%に上る。上位10%が1人当たり2.6世帯を所有する計算だ。

また、こうして住宅を所有している世帯のうち、上位10%の平均住宅資産価格は下位10%に比べて46.75倍も高いという。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular