2024 年 7月 13日 (土)
ホーム社会韓国で駐車場を塞いだ迷惑ドライバーが謝罪の言葉「管理費の二重負担に腹が立ち…」

韓国で駐車場を塞いだ迷惑ドライバーが謝罪の言葉「管理費の二重負担に腹が立ち…」

6月27日午前、仁川の商店街の進入路を封鎖している車(c)news1

韓国で商店街の駐車場入り口を車で塞ぎ、1週間も放置する騒ぎを起こした借り主のドライバーがSNSに謝罪文を載せ、理由を明らかにした。

ドライバーは先月22日午前8時30分から28日まで仁川市南東区(インチョンナムドング)論峴洞(ノニョンドン)のビル駐車場に、自分の車を1週間放置し、交通や商店街の業務を妨害した疑いで警察に立件された。

ドライバーは今月2日、自動車コミュニティのボベドリームに「仁川(インチョン)駐車の悪党です」というタイトルで投稿し、「悪口を言われるような行動をしてしまい、とても申し訳ない。指弾されて当然だと思う」と謝罪した。自分の責任で車を利用できなかった人たちには直接謝罪したという。

一方で、こうした行動を取った理由について「管理費の二重負担が問題だった」と不満を述べた。

それによると、商店街の運営者に数年分の管理費数千ウォン(1ウォン=約0.11円)を払ったにもかかわらず、5月ごろには「管理団」という組織から別途、「管理費を出せ」と言われたという。これを払わなければ駐車場が利用できなくなるとも告げられたという。

そのうえでドライバーは「車を1週間も放置したのは仕事を2つ掛け持ちしていて忙しかったから。また記者やユーチューバーらが見張っていたので、車に近づく勇気が出なかった」と話した。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular