2024 年 6月 23日 (日)
ホーム社会韓国で脅かされる40代の雇用…建設・金融など構造調整の風

韓国で脅かされる40代の雇用…建設・金融など構造調整の風

(c)news1

韓国で最近5年間、全年齢層の中で唯一「40代」だけが雇用率が減少した。今年のグローバル景気低迷と高金利・物価高などで、一部産業で構造調整の風が吹き、40代家長の雇用が脅かされることになると懸念されている。

全国経済人連合会が統計庁経済活動人口調査に基づき最近5年間(2017~22年)世帯別雇用指標推移を分析した結果だ。

5年間の雇用率変化を調べると▽60歳以上(+4.6ポイント)▽15~29歳(+4.5ポイント)▽30~39歳(+2.0ポイント)▽50~59歳(+1.8ポイント)の順に増加した。一方、▽40~49歳は1.3ポイント減少したことが分かった。

全経連は「5年間、全体の就業者数は136万4000人増えたが、40代は逆に46万9000人減った」という。40代人口のうち半分以上(56.0%)は家庭の生計に責任を負っている家長であり、「40代の雇用減少は家計所得減少、消費支出萎縮、内需悪化など悪循環を引き起こし、最終的に国家経済への打撃につながりかねない」と危惧する。

5年間の業種別40代就業者の変化を見ると▽卸小売業(-21.2万人)▽製造業(-10.4万人)▽宿泊・飲食業(-9.3万人)▽教育サービス業(-8.2万人)▽建設業(-7.4万人)――などの順で減少した。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular