2024 年 7月 14日 (日)
ホーム社会韓国で禁止「使い捨て品」、地方では横行

韓国で禁止「使い捨て品」、地方では横行

11月24日、ソウルのコンビニに掲示されたビニール袋禁止の案内文(c)NEWSIS

韓国環境省が使い捨て用品使用の規制拡大・強化に乗り出すなか、光州(クァンジュ)地域の個人カフェ60カ所のうち51カ所で規制対象の使い捨て品が依然として使われていたことが、光州市持続可能発展協議会の調査で判明した。

同協議会は規制拡大施行日の先月24日から1週間、地域の個人カフェ60カ所を回って、規制対象である使い捨てのプラスチック製のカップ・ストロー・かき混ぜ棒、紙コップ(ミネラルウォーター用を含む)の使用有無を重点的に調べた。

その結果、51カ所(85%)でこうした使い捨て品が使われていた。多かったのは、プラスチックストロー、紙コップ、プラスチックコップの順だった。51カ所のうち、売り場で飲み物を購入する客に使い捨てプラスチックカップを提供するカフェも9カ所あった。

一方で、規制拡大を受け、積極的に取り組んでいる店舗もあった。調査対象のうち7カ所で、紙または生分解性材質の代替ストローを使用。プラスチックストローをリサイクル用ストローに交換したり、スプーンを提供したりした店舗もあった。

使い捨て用品を使っていた売り場の大半が、規制の内容を正しく理解していないこともわかった。同協議会関係者は「一部の売り場では、過料が課せられない啓発期間(1年間)中にこうした品を使い尽くしていた」と苦言を呈した。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular