2024 年 5月 23日 (木)
ホーム社会韓国で最近増える“オフィスの悪党”による「偽りの加害申告」

韓国で最近増える“オフィスの悪党”による「偽りの加害申告」

(c)news1

韓国企業の人事・労務担当者らが今、「オフィスヴィラン」にどう対処するか苦悩している。

「オフィスヴィラン」とは、事務室(Office)と悪党(Villan)を合わせた新造語だ。社内秩序を乱し、同僚の権利を侵害する問題職員を意味する。常習的にいじめを加えたり、セクハラ、うそ、大げさな言い立てを乱発したりする。

企業が法律事務所にアドバイスを求めるオフィスヴィランの中で、最も割合が大きいのは「いじめ」。役員が職員に対し、暴言やいじめで精神的苦痛を与える事例が多い。

さらに、最近増えているのは虚偽・誇張申告を乱発するオフィスヴィランだ。例えば、「私だけご飯に誘われなかった」と申告したり、仲の良くない同僚をいじめやセクハラの加害者として申告したりするケースなどだ。

労働問題に詳しい弁護士は次のように指摘する。

「被害者の味方になってすべてを罰すれば『良い企業』『すごい会社』と称賛されるが、実はこれは最も簡単であり、断片的な対応だ」

「企業がオフィスヴィランに賢明に対処するためには、『賢く、堂々と』を原則とすべきだ。当事者双方の陳述を額面通り受け入れ、高度な蓋然性が立証されるか確かめてみるべきだ」

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular