2024 年 5月 23日 (木)
ホーム社会韓国で愛され続けた弁当屋さん、「在外公館料理人」に転出…客から相次いだ感謝の言葉

韓国で愛され続けた弁当屋さん、「在外公館料理人」に転出…客から相次いだ感謝の言葉

オンラインコミュニティキャプチャー(c)MONEYTODAY

韓国で弁当屋を運営していた店長が営業最終日、あるお客さんからもらったメッセージが、穏やかな感動を与えている。

あるオンラインコミュニティに9日、韓食弁当店を7年間運営してきたが、5月から海外に移住し、大使館官邸の料理人として働くというA氏(30代)の話が上がってきた。

7年間なじんできた売り場を整理することになったA氏は最近、最後の営業日、客の1人から予想もしない短いメモを受け取った。注文書の紙には、「ここの弁当は、多くのお弁当屋さんの中でも最高においしかった。これから花道を歩いてほしい」という文言が書かれていた。

料理を受け取りに来た配達運転手らも同様に「体に気をつけて行ってきてください」という言葉をかけた。

A氏は「最後の日に、配達注文に残してくれた顧客のありがたい一行に感動した」とした。

さらに過去を振り返りながら、「これまで本当に大変だったが、人生の中で素敵な時間だった。私の作る料理を好きになってくれ、訪ねてくれた多くの常連に申し訳ない気持ちだ。改めて感謝したい」と続けた。

ネットユーザーからは「店長、素敵ですね」「これからもっといいことがあるでしょう」などの応援メッセージが上がった。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular