2024 年 6月 23日 (日)
ホーム政治・社会・経済韓国で定着「ビーガンライフ」スタイル

韓国で定着「ビーガンライフ」スタイル

ソウルの展示会場COEXで開かれた「コリアビーガンフェア2022」(c)NEWSIS

韓国でベジタリアンを意味するビーガントレンドが、食習慣を越えて主要ライフスタイルとして定着し、環境にやさしい植物性素材の製品が家のあちこちに置かれている。

背景には新型コロナウイルス感染以後、環境にやさしい素材に対する注目度が高まり、消費者のミーニングアウト(meaning out=価値観や信念を基準に製品を選択する行為)の傾向が強まったことなどがある。

韓国消費者院が9月に発表した調査結果によると、消費者の82.3%は環境にやさしい製品を購入する意思があると答えた。

植物性原料は生分解されて自然に戻る循環資源で、持続可能性と環境にやさしい素材だ。人体に無害で、固有の機能性も優れている。このような強みが消費者の注目を集め、植物由来成分の生活用品から建材まで登場するなど、ビーガンライフが日常に溶け込んでいる。

寝具の「イブザリ(evezary)」は2019年にエコアレルギーケア機能性生地ブランド「ケアテックス(CARE-TEX)」を発売した。ケアテックスは植物性素材である綿、テンセルモダール、韓紙、ヘンプなどを主原料として使用している。また、ヒノキ、シロバナムシヨケギク、ローズゼラニウムなどハウスダストダニが忌避する成分を活用したアレルギーケア加工法を適用している。

「ケクッタンナラ(kleannara)」は柔らかい植物性クリームの泡で有害細菌から粒子状物質まできれいに除去できる「クリーンマイルドフォーミングハンドウォッシュ」を出した。有害成分、アレルギー誘発香料なしに9種類の植物エキスと保湿成分が含まれており、肌をしっとりと保つことができる。

フィルターシャワー機専門メーカー「シャワープラス」は、PLA(Poly Lactic Acid)浄水フィルターを開発した。PLAはトウモロコシ、ジャガイモ、サトウキビなどから抽出した原料で構成され、6ヵ月から1年の間に自然分解されるプラスチックだ。シャワープラスは浄水フィルターが使用後に捨てられる過程で発生する廃棄物による環境汚染を減らす方針だ。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular