2024 年 6月 21日 (金)
ホーム経済IT/メタバース韓国でユーチューブギャグ全盛期…「検閲なく、放送事故が心配」

韓国でユーチューブギャグ全盛期…「検閲なく、放送事故が心配」

ユーチューブチャンネル「トンネノムドゥル」キャプチャー(c)NEWSIS

韓国の放送3社がコメディアンの公募を廃止して5年がたった。テレビという大きな舞台で活躍する機会が減ったコメディアンだが、最近はユーチューブで成功している。

MBCは2013年、SBSは2016年、KBSは2018年以降、コメディアンを公募していない。

「コメディアンという単語は消えつつあるそうです。公募コメディアンというシステムもなく、ステージもない。今はクリエイターという言葉でもいいと思います」。2013年にSBSで公募されたコメディアン、チョン・ジェヒョンはこう語る。

チョン・ジェヒョンは2017年にネタバラエティ「ウッチャッサ(笑いを探す人々)」が放送終了した後、同僚コメディアンとユーチューブチャンネル「トンネノムドゥル(町内の奴ら)」を立ち上げた。現在、個人チャンネル「イケメンジェヒョン」と運営を並行しており、それぞれの登録者は154万人と22万人だ。

放送局特有の硬直した雰囲気より、ユーチューブのほうが伸び伸びと面白いギャグを生み出せる可能性もある。ただ、チョン・ジェヒョンは「ユーチューブには検閲がない。無知が原因となるような発言で放送事故を起こしかねない。『トンネノムドゥル』の登録者が100万人を超え、すべての人の好みに合わせようとした結果、ますます萎縮したりもした」と振り返る。

1980年代半ばから90年代生まれの世代の動きが最も目立つ。

KBS公募出身のキム・ウォンフン、チョ・ジンセ、オム・ジユンが運営する「ショートボックス」と、KBS・SBS公募出身のチョン・ジェヒョン、キム・ミンス、イ・ヨンジュが運営する「ピシク大学(Psick University)」が代表的だ。

既存のギャグ番組の「最古参」も、ユーチューブにプラットフォームを移している。

例えば、KBSの19期公募コメディアンのカン・ユミ、14期コメディアンのキム・デヒもそれぞれユーチューブチャンネルを運営し、ともに100万人前後の登録者を有する。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular