2024 年 5月 23日 (木)
ホーム社会韓国では男性は女性より6年早く死ぬ…肺がん・肺炎・心臓疾患など影響

韓国では男性は女性より6年早く死ぬ…肺がん・肺炎・心臓疾患など影響

大邱市寿城区(テグシ スソング)で、黄色く染まったスクリョン公園の道を歩きながら散歩する老夫婦が(c)NEWSIS

韓国で男性が女性より6年早く死亡することが、統計庁が27日発刊した「KOSTAT統計プラス」でわかった。主な原因は肺がん、肺炎、心臓疾患、自殺などだった。男女の期待寿命の差は40年余り前に8.6年だったのが徐々に縮まり、2020年は6年だった。

期待寿命は人が今後生存すると期待される平均余命を意味するが、大部分の国で常に男性より女性の方が高い。

今回の「韓国の男女期待寿命の差に対する年齢や死亡原因別寄与効果分析」報告書によると、韓国で男女の期待寿命は1970年以後持続的に伸びてきた。

男性は1970年に58.7歳から2020年に80.5歳と、51年間で21.8年伸び、女性は65.8歳から20.7年伸びて86.5歳になった。

男女の期待寿命の差(女性の期待寿命-男性の期待寿命)は1970年の7.1年から次第に大きくなり、1985年には8.6年だったが、以後徐々に縮まり、2020年には女性の期待寿命が男性より6年長くなった。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular