2024 年 5月 27日 (月)
ホーム社会韓国で「60歳以上お断り」カフェ…「批判」に交じって「理解」の声も

韓国で「60歳以上お断り」カフェ…「批判」に交じって「理解」の声も

オンラインコミュニティキャプチャー(c)news1

韓国のあるカフェが、高齢者の出入りを制限する「ノーシニアゾーン」を宣言し、オンライン上で議論になっている。

オンラインコミュニティの投稿によると、閑静な住宅街にあるカフェの出入り口に、営業時間とともに「ノーシニアゾーン」「60歳以上の高齢者の出入り制限」と記されていた。その告知の近くには「盲導犬を歓迎します」というステッカーがあった。投稿者によると、このカフェは座るスペースもない狭い店という。

この投稿が急速に広がり、ネットユーザーの間ではさまざまな意見が飛び交っている。

「盲導犬を歓迎するという寛大なステッカーとシニア禁止という差別が共存している」

「子ども嫌悪に続き年配者嫌悪まで。嫌悪の国。韓国は息苦しい」

「身分証明証の検査でもするのか。嫌悪や差別が平気な世の中になった」

「お前たち、自分は年を取らないとでも思ってるのか。本当に愚かだ」

ただ一部には「それなりの事情があるのだろう」「嫌なら行かなければいい」「ノーキッズゾーンは擁護してノーシニアゾーンはなぜダメなのか」とカフェの経営者に理解を示す声もある。

ソウルでは2019年、ある屋台の店主が、年配客による従業員へのセクハラ発言に我慢できず「49歳以上、丁重にお断りします」と店に貼って話題になった。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular