2024 年 5月 27日 (月)
ホーム社会韓国で「高額バイト」募集相次ぐ…多くが「麻薬運搬」への加担

韓国で「高額バイト」募集相次ぐ…多くが「麻薬運搬」への加担

袋に小分けされた麻薬類(写真・韓国警察)(c)news1

韓国で最近、オンラインとSNSには多くの「高額アルバイト」の募集が掲載されている。「月に2000万ウォン(約200万円)以上稼ぎたい方」「日当100万ウォン(約10万円)以上稼ぎたい方」など短時間・高所得をうたっていることが多い。しかし、これらは麻薬やボイスフィッシング犯罪の運搬役である可能性が高く、警察や麻薬専門家は注意を呼びかけている。

news1の取材によると、インターネットやSNSに「高額アルバイト」の広告を載せた後、連絡してきた人に指定された場所へ麻薬を運搬させるやり方は、銀行ATMから現金を引き出して特定場所に移させるボイスフィッシングに似ている。

学術誌「犯罪捜査学研究」に掲載された論文によると、現金回収の役割で被告になった大多数は「高額アルバイト」などの広告を見て連絡したり、求職サイトに履歴書を載せたりして連絡を受けていた。

しかし、犯罪行為と知っていたかにかかわらず、運搬役で摘発されれば有罪になる可能性が高い。ある弁護士は「麻薬犯罪に未必の故意を認め、運搬役も処罰する場合が多い」と話した。

慶南(キョンナム)警察庁広域捜査隊が7日、ヒロポン・ケタミン・合成大麻流通疑惑で検挙した運搬役18人のうち16人には借金があり、麻薬流通が重大犯罪だと知りながら犯行に加担していた。

京畿道ダルク(DARC)センター長のイム・サンヒョン氏は「処罰を避けるため“知らなかった”と言い張っても、実際は知っているはず」と指摘する。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular