2024 年 5月 24日 (金)
ホーム政治韓国がバイク取り締まり強化…前方にもナンバープレート検討

韓国がバイク取り締まり強化…前方にもナンバープレート検討

(c)news1

韓国国土交通省が今後、バイクなど二輪車のフロントにもナンバープレートを装着する案を検討する。交通違反が増加する中、無人取り締まり装置は主に前面のナンバープレートで車両を確認する方式のため、現状ではナンバープレートが後方にしかない二輪車の取り締まりが困難だからだ。

最近、交通違反の自動二輪運転者は年平均6.0%増加し、事故率も年平均7.2%と急上昇している。死傷者数も年平均9.1%増加した。

警察庁は後方のナンバープレートによる取り締まり装置を試験導入しているが、まだ前面を対象にするものが大多数だ。

そこで同省が検討を始めたのが、二輪車への前面ナンバープレート導入だった。

色やフォント、規格などナンバープレートの形を変更することも検討しており、現行では自動車(520×110mm)より小さいナンバープレート規格(210×115mm)を大きくするなどして視認性を高めたいとしている。

大林(テリム)大学未来自動車学部のキム・ピルス教授は「1日に1人ずつ死亡事故が発生しており、関連制度を整備する時期が来ている」と指摘し、前面へのナンバープレート装着を支持する。

一方で、亜洲(アジュ)大学交通システム工学科のユ・ジョンフン教授は「ナンバープレートを前方に付けるためには生産ラインを変えるべきだ。むしろ処罰を強化した方が適切ではないか」と指摘している。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular