2024 年 6月 17日 (月)
ホーム社会韓国「1日3万人」新型コロナ感染急増…防疫大転換「マルチデミックが来る」警告

韓国「1日3万人」新型コロナ感染急増…防疫大転換「マルチデミックが来る」警告

ソウル・明洞を歩く観光客(c)NEWSIS

韓国で来月から病院を含め、室内でのマスク着用義務が完全になくなる可能性が高い。また、検査・入院費用が有料化され、一般病院でも患者診療が可能になるなど、新型コロナウイルス感染の管理体系が「インフルエンザ」のようになる。しかし、このような防疫政策の「大転換」を控え、医療界からは感染症監視システムをより一層強化しなければならないという指摘が出ている。

現在のインフルエンザ監視システムも流行状況を正確に反映していないが、このような監視システムを新型コロナウイルス感染にも適用すれば、ともするとインフルエンザと新型コロナウイルス感染が同時に広がる「マルチデミック(感染症の同時流行)」状況が激しくなりかねないということだ。

韓国政府は来月、「新型コロナウイルス危機段階調整ロードマップ」の2段階を施行する計画だ。第2段階の最大の特徴は、新型コロナウイルスの法定感染症の等級が2段階下方修正されることだ。新型コロナウイルスが公式にインフルエンザと同級である4級感染症になる。

これによって日常生活でも多くの部分が変わる。まず、すべての場所でマスク着用義務が解除される。保健所の選別診療所運営は終了し、生活支援費・有給休暇費支援も終了する。

しかし、新型コロナウイルスの感染者が最近3週間連続で増加し、6カ月ぶりに1日3万人を超えるなど再流行の兆しが見られるうえ、前年とは異なり真夏までインフルエンザや風邪が流行しており、国民の不安が少なくないのが実情だ。

昌原(チャンウォン)ファティマ病院小児青少年科のマ・サンヒョク課長は「7月に、これほど呼吸器感染症がマルチデミックするのは初めての経験だ」と話した。

医療界では、新型コロナウイルス感染が今後、インフルエンザのように管理される場合、防疫当局が適用する標本監視システムが、医療現場で効果を出せない可能性があると懸念している。

インフルエンザの場合、全国196の医療機関が標本監視事業に参加するのに数が少なすぎて、地域別にインフルエンザがどれだけ流行しているかも わかりにくい。新型コロナにもこのような方式が適用されれば、管理の死角地帯が発生する可能性があるということだ。

実際、大韓児童病院協会所属の小児青少年科医によると、インフルエンザは現在、地域別に流行水準が異なるという一部では、韓国全土が1日生活圏といえるため、地域別に「感染症地図」を構築しても、むしろ行政力の浪費になるという見方もある。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular