2024 年 5月 22日 (水)
ホーム政治韓国「非経済活動」人口が過去最低…背景に「働くママ」増加

韓国「非経済活動」人口が過去最低…背景に「働くママ」増加

京畿道水原で開かれた「水原COBEベビーフェア&幼児教育展」(c)news1

韓国で、子供を育てるために求職をしない「非経済活動人口」が、昨年99万6000人となったことが、統計庁国家統計ポータル(KOSIS)の「活動状態別非経済活動人口」で判明した。前年(112万人)比11%減少した。

2000年の統計開始以降最低で、100万人以下に落ちたのも今回が初めて。低い出生率に加え、育児と仕事を並行する「ワーキングママ」の増加が影響したとみられる。

2000年に177万1000人だった該当人口は2010年(148万6000人)、2020年(118万8000人)と大幅に減少している。2000年代に10%を上回っていた非経済活動人口全体に対する育児目的の割合は10年(9.4%)1桁台に落ちた。その後も下がり続け、今年1月と2月はともに5.5%と初めて5%台に低下した。

韓国の合計出生率が経済協力開発機構(OECD)の最下位水準であるうえ、女性雇用率が着実に上向いているためだ。統計庁の関係者は「複合的な影響があるだろうが、結婚比率、出産率などともかみ合っている。女性雇用率が増え、委託施設などに子供を預けるケースが多くなった影響もある」と話した。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular