2024 年 5月 23日 (木)
ホームライフスタイルトラベル韓国「ホテルで余暇を楽しむ」族のトレンド「「4.5星ホテル」とは?

韓国「ホテルで余暇を楽しむ」族のトレンド「「4.5星ホテル」とは?

(c)news1

「ホカンスが好きだが、毎回5つ星ホテルを探すのは大変です。最近はラグジュアリーだがリーズナブルな価格の4.5星ホテルを探すようになりました」

韓国で新型コロナウイルス感染パンデミック以後、特級ホテルに宿泊して休暇を楽しむホカンスが一般的になっている。そんな中、実利と高級サービスを兼ね備えた別名「4.5星級」ホテルがホカンス族の新たなトレンドとして定着している。

ホテル業界によると、最近ホテル運営会社は4つ星クラスと5つ星クラスの間の価格とサービスを提供する「プレミアムビジネスホテル」、すなわち4.5つ星クラスのホテルを積極的に運営している。

「4.5星」という等級は公式的なホテル等級体系に存在する概念ではない。業界では4つ星ホテル並みの価格で、5つ星に匹敵する施設とサービスを備えたホテルを4.5星と呼んでいる。等級は4つ星クラスだが、プールと多数の飲食店が入った「プレミアムビジネス」ホテルがこれに該当する。

ホテル等級評価は観光振興法施行規則に従って韓国観光協会中央会ホテル業等級管理局が受託して進めている。消費者の安全と衛生を基準にサービス水準などを評価し、1つ星から5つ星まで適正な等級を付ける。

4つ星ホテルと5つ星ホテルを分ける基準は、高級メニューとサービスを提供するレストランの数、宴会場の有無と規模、ルームサービスの提供時間などだ。専門家3人の現場評価と専門家1人、消費者1人の評価で等級が決定される。

ホテルの立場ではコスト投資が多くかかる大宴会場や高級レストランを減らし、4つ星等級評価を受ける代わりに、客室インテリアやプールなどホテル設備を高級化して宿泊客の満足度を高めようとしている。宿泊客の立場では、1泊の宿泊費用は4つ星級で安く、5つ星ホテルに劣らない高級感を享受できるという長所がある。

特に、コロナ以後、5つ星ホテルの客室価格が大幅に引き上げられ、プレミアム4つ星ホテルの価格競争力が浮き彫りになっている。

(c)news1

韓国ホテル業協会が首都圏・慶尚(キョンサン)圏・全羅(チョンラ)圏・忠清(チュンチョン)圏・江原(カンウォン)圏の5大地域ホテルを調査した結果、今年1月のホテル客室平均単価(ADR)は16万480ウォン(約1万8000円)だった。このうち、5つ星ホテルのADRは、新型コロナウイルス感染以前の2019年比31.1%増の25万6137ウォン(約2万8600円)だった。需要の多いソウル都心や首都圏ホテルの実際の客室販売価格は、これより高く設定されている。

これに比べ、4つ星ホテルの1月のADRは14万2115ウォン(約1万6000円)だった。5つ星ホテルより10万ウォン以上低く設定され、上質な施設・サービスとリーズナブルな価格を両立させようとするホカンス族を引きつけているとみられる。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular