2024 年 2月 23日 (金)
ホーム政治韓国「オンライン馬券」発売に拍車…低迷する競馬産業、活性化に期待

韓国「オンライン馬券」発売に拍車…低迷する競馬産業、活性化に期待

(c)MONEYTODAY

韓国で「オンライン馬券発売制導入」を内容とする韓国馬事会法改正案が国会を通過し、健全な競馬文化の定着と馬産業活性化に対する期待感が高まっている。農林水産食品省傘下特殊法人「韓国馬事会」は正式導入までまだ1年残っているが、年内にモデル事業開始などを通じて安定的な制度施行を準備するという立場だ。

改正案通過でオンライン馬券発売が可能になった。実はこの制度は1996年にすでに施行されたことがある。ただ、「韓国馬事会法第6条は現場に直接行って馬券を購入することだけを規定する」という法制処の法令解釈により、2009年の発売を中止することになった。直前の2008年の売上高は2599億ウォンで、全体売り上げの3.5%を占めた。

これまでオンライン発売導入に伴う射幸性拡散の懸念が大きく、今回の法案には健全なオンライン発売運営のための各種安全装置が整えられた。

オンライン発売を施行するために馬事会は運営計画や健全化策を打ち立て、政府の承認を受けなければならない。また、運営実績についても点検を受ける。

馬事会の健全化策には確実な本人確認システム構築、オンライン購入限度縮小、過度の没入予防などギャンブル中毒と未成年の接近を防ぐための諸般規制が含まれた。

特に満21歳未満加入不可、対面加入のような条件は、2021年からオンライン発売を施行している競輪・競艇法案にはないため、陣痛の末に最終法案に含まれた。現在、競馬をはじめとするすべての射幸産業は法的成人年齢である満19歳以上になれば参加が可能だ。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular