2024 年 6月 13日 (木)
ホーム社会韓国、大学進学率も親の所得次第…高所得層、低所得層より27ポイント高

韓国、大学進学率も親の所得次第…高所得層、低所得層より27ポイント高

成績表を確認する高校生(c)news1

韓国で親の所得が少ないほど、子供の大学進学の割合が低い――こうした状況が、韓国職業能力研究院がまとめた「親の所得水準が子どもの学力水準に及ぼす影響」報告書で判明した。

親の経済力が子供の高等教育のレベルを左右するため、これが深刻化することで、社会全般の階層化につながりかねないという危惧がある。

同研究院は2016年、当時高校2年生だった7590人の進学可否について追跡調査し、昨年の状況をもとに報告書にまとめた。

それによると、昨年、親の所得水準が最も低い「1分位」(下位25%)家庭の満22歳のうち、一般の大学に進学するのは41%にとどまった。一方、所得が最も高い「4分位」(上位25%)では68%だった。

研究院は「最近は大学進学への敷居が低くなったが、依然として家庭の経済力により高等教育水準に差がある」とみている。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular