2024 年 2月 26日 (月)
ホーム経済IT/メタバース韓国、再来年にも市民が「空飛ぶタクシー」搭乗へ

韓国、再来年にも市民が「空飛ぶタクシー」搭乗へ

2020年11月に実施の「有人用ドローンタクシー」試験飛行(c)news1

韓国国土交通省とソウル市は4月初旬に、ドローンタクシーと呼ばれる都心航空交通(UAM)のバーティポート(垂直離着陸飛行場)候補地を発表する。2年後の商用化を目標に、政府と地方自治体が法制定、制度整備など準備を進めており、早ければ2025年下半期から一般市民が最大5人用の「空飛ぶタクシー」に搭乗できるようになる。

ソウル市の都市基本計画案によると、UAMインフラ構築地域として金浦(キムポ)、龍山(ヨンサン)、サムスン、蚕室(チャムシル)などが取り上げられた。バーティポートの設置場所が決まった後、8月から全羅南道(チョルラナムド)高興(コフン)の海辺でドローンタクシー実証事業が本格的に始まる。

実証事業の参加企業は大韓航空と仁川国際空港公社をはじめ、現代自動車・KTのコンソーシアムなど7つが構成され、優秀コンソーシアムは2024年7月からソウルをはじめ首都圏で実証作業に乗り出す。

「UAM特別法」も国会で審議されており、上半期に通過すれば「ドローンタクシー商用化」により一層弾みがつく。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular