2024 年 6月 15日 (土)
ホーム経済韓国、今年の貿易赤字6兆円、輸出改善が急務

韓国、今年の貿易赤字6兆円、輸出改善が急務

釜山の埠頭で進められるコンテナの船積みと荷役作業(c)NEWSIS

韓国で今年の累積貿易赤字が500億ドル(約6兆6145億円)に迫る中、韓国政府が景気低迷の要因の一つとして取り上げられている輸出の回復に乗り出した。貿易金融を過去にない規模に拡大するなど、輸出・受注支援に積極的に乗り出す。

関税庁によると、今年の年間輸出累計は6626億ドル、輸入は7116億ドル。前年同期比で輸出は6.8%増、輸入は19.9%増だ。輸出より輸入が増加したため、貿易赤字が9カ月間続くことになる。今月の貿易収支は64億2700万ドルの赤字だ。

こうした輸出不振が景気低迷を加速化させるとの懸念が出ている。チュ・ギョンホ(秋慶鎬 )経済副首相兼企画財政相は最近、「韓国経済が直面した対内外条件は依然として非常に難しい」と憂慮している。

関係省庁が合同でこのほど発表した「2023年経済政策方向」には、政府が輸出・受注への支援に強化して、全方位で輸出インフラを拡充する「輸出活性化」策が盛り込まれている。

政府は大統領主宰の輸出戦略会議を通じ、海外建設と観光・コンテンツ、デジタル、バイオ、宇宙を中心に来年上半期の輸出競争力の向上策を準備すると明らかにした。ハイレベル会談などによるセールス外交も活用する。

為替変動と高金利、地政学的な不安などリスクに備えたオーダーメード型支援策を整えるため、貿易金融の規模を従来の351兆ウォンから360兆ウォンに拡大する。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular