2024 年 5月 22日 (水)
ホーム特集SDGs~韓国の取り組み韓国、オーストラリアと炭素中立、双方がCCS事業の協力に乗り出す

韓国、オーストラリアと炭素中立、双方がCCS事業の協力に乗り出す

SDGs~韓国の取り組み

©NEWSIS

韓国でCCUSを進める「K-CCUS推進団」が二酸化炭素の捕集・保存のために国内やオーストラリアの官民機関と全方位の協力体制を構築する。

K-CCUS推進団はこのほど、豪シドニーで開かれた「韓・豪ビジネスラウンドテーブル」でオーストラリアの国策CCUS研究機関である「CO2CRC」エネルギー企業サントスをはじめ韓国貿易保険公社、SKE&SなどとCCS事業の協力に関する多国間業務協約を締結したと発表した。

各機関は、今回の協約を通じて▽バユウンダン(Bayu-Undan)のガス田をはじめとするオーストラリアや近隣地域のCCS開発▽国家間の二酸化炭素輸送や貯蔵▽炭素排出権市場活用方法――などについて協力していくことで合意した。

今回の協約を基に、韓国K-CCUS推進団と豪CO2CRCは、これまで蓄積されてきた炭素捕集・貯蔵ノウハウを活用してCCS開発、運営関連技術と政策支援業務を遂行する。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular