2024 年 6月 23日 (日)
ホーム社会面接で「家は徒歩15分圏内」とウソ、初出勤でばれて即解雇…韓国新入社員にまつわる多くの「?」マーク

面接で「家は徒歩15分圏内」とウソ、初出勤でばれて即解雇…韓国新入社員にまつわる多くの「?」マーク

(c)news1

韓国のある新入社員が「どうしても入りたい」会社の面接試験を受けた。ただウィークポイントがあった。自宅から会社までバスで1時間かかることだ。「遠すぎると採用してもらえないのでは」と考え、面接試験では「徒歩15分」と偽った。

試験は無事、パスした。

ところが、出勤初日、住民票を提出すると、上司に呼び出された。「なぜ、こんな遠いところに住んでいるのか」。こう問い詰められ、「実は……」と、本当のことを語った。

すると、上司の表情が硬くなった。しばらくして、再び呼び出され、通告された。「最初から嘘をつくような人は雇いたくない。辞めろ」

新入社員はそのまま、会社を後にした――。

この2年前の話が最近、韓国のオンラインコミュニティに投稿された。すると、ネットユーザーは思い思いの反応を示した。

「なぜ、ばれるのに嘘をついたのか」

「そもそもバスに乗って1時間なら、それほど遠くない。なのになぜ偽ったのだろう」

「遠い・近いにかかわらず、率直に“どうしても入社したい”とアピールすべきだった」

「“実家はそこだが、一人暮らししている場所は他にある”などと臨機応変に対応すればよかったのに」

一方で、厳しい指摘も寄せられた。

「最初から嘘をつくような人は信じられない」

「住所以外についても偽ったことがあるのではないか」

「住所の問題ではなく、履歴書に虚偽事実を記載したというのがポイント」

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular