2024 年 5月 26日 (日)
ホームライフスタイルトラベル青瓦台、外国人観光客が増加、発券「1000→2000人」倍増

青瓦台、外国人観光客が増加、発券「1000→2000人」倍増

青瓦台を訪れる市民ら(c)news1

韓国大統領府だった青瓦台(チョンワデ)を訪れる外国人観覧客数が3月から急増し、現場での発券の上限が1日1000人から2000人に増える。

文化体育観光省によると、今年1月に10万5000人だった青瓦台の観覧客は、3月に15万3900人へと増加したのに続き、4月24日には18万3000人へと増え続けている。

青瓦台開放から2023年4月24日までの全期間で見ると、青瓦台を訪れた外国人は約5万6000人で、入場者全体の333万人のうち1.7%に当たるが、最近はその割合が大きく増加し、3月には4.4%(15万4000人中6790人)、4月現在は約4.8%(18万3000人中8759人)に達している。

同省は「現在、外国人、障害者、65歳以上は1日1000人限度で事前予約なしに現場発券で入場できるが、外国人観覧客の増加で週末には1000人の上限では足りない状況になった。今後も需要の変化を見ながら弾力的に対応する計画」と話した。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular