2024 年 4月 20日 (土)
ホーム政治電話面接は李43.8% vs 尹36.1%/ARSは李43.2% vs 尹45%

電話面接は李43.8% vs 尹36.1%/ARSは李43.2% vs 尹45%

©NEWSIS

韓国大統領選挙が9日後に迫った中、「共に民主党」候補のイ・ジェミョン(李在明)氏と保守系野党「国民の力」候補のユン・ソンヨル(尹錫悦)氏が依然、接戦を繰り広げている。

韓国社会世論研究所(KSOI)が今月25~26日、全国の成人男女1005人を対象に支持率を無線電話面接方式で調査した結果、イ候補の支持率は43.8%で、ユン候補の支持率は36.1%だった。イ候補が7.7ポイントでリードしたことになる。中道野党「国民の党」のアン・チョルス(安哲秀)候補が7.3%、革新系野党「正義党」のシム・サンジョン(沈相奵)候補が3.4%だった。政党支持率は、民主党が37.2%、国民の力が34.2%だった。

一方、同じ期間に、KSOIが全国の成人男女1000人を対象にARSで進めた世論調査で、ユン候補は45%、イ候補は43.2%と集計された。先週(21日)に発表した調査(ユン氏42.2%、イ氏43.7%)に比べれば、ユン候補は2.8ポイント上昇し、イ候補は0.5ポイント下落し、順位が変わった。アン候補5.9%、シム候補1.5%だった。

支持候補と関係なく、ユン候補の当選可能性を高く見たのは48.2%、イ候補は44.7%だった。ARS回答者の政党支持率は、国民の力が37.6%、民主党が37%だった。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular