2024 年 6月 15日 (土)
ホーム経済流通釜山のおでん店「来店したサムスン会長の写真」店に貼ったら売り上げアップとか

釜山のおでん店「来店したサムスン会長の写真」店に貼ったら売り上げアップとか

SNSキャプチャー(c)news1

韓国サムスン電子のイ・ジェヨン(李在鎔)会長が訪れたことで売り上げが5倍以上アップしたとされる釜山(プサン)カントン市場のおでん屋が3日、公式SNSで「イ・ジェヨン会長ありがとうございます。商売がとてもうまくいっている」と感謝の意を表した。いまだ「イ・ジェヨン効果」が続いているようだ。

このおでん屋は昨年12月6日、イ会長が訪れておでんを食べたことで一気に有名になった。店の入り口に設置されたモニターには今もイ会長がおでんを味わう姿が映し出され、店では「イ・ジェヨン会長が座った席」などを明示して積極的に広報している。

店の経営者は「iPhoneを使っていた弟もサムスンに変えた。店のモニターも寿命が来たらサムスンに変える」と忠誠心を表わし「イ会長は店のお守りだ。商売がさらに繁盛する」として店の写真を公開した。

今でこそ繁盛している同店だが、2019年には火事が起きて経営者が40日間入院し、約5億ウォン(約5500万円)の借金を背負った。新型コロナウイルス禍の直撃も受けたという。

そんな経営難を乗り越えた経営者は「現在も全国から押し寄せるお客さんの波が途絶えない」と「イ・ジェヨン会長効果」に感謝した。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular