2024 年 7月 24日 (水)
ホーム政治北朝鮮金正恩氏、ミサイル発射現場ではなく軍需工場を現地指導

金正恩氏、ミサイル発射現場ではなく軍需工場を現地指導

©NEWSIS

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記が「重要兵器体系」を生産する軍需工場を現地指導したと28日、朝鮮労働党機関紙・労働新聞が報じた。同紙は、金総書記が「わが武力の現代化と国防発展戦略の実現において工場が担っている位置と任務が非常に重要だ」と述べ、同工場を国防工業の現代性を象徴する「見本」に発展させていくよう指導したと伝えた。

現地指導にはチョ・ヨンウォン(趙甬元)党組織書記、キム・ジョンシク(金正植)副部長、キム総書記の実妹のキム・ヨジョン(金与正)副部長らが同行した。ただ、北朝鮮はこの工場の場所や金総書記の現地指導の日付は明らかにしていない。キム総書記は今月25日と27日に実施したミサイル発射実験の現場には立ち会っていないとみられる。

また、北朝鮮は今月25日に発射したミサイルが「長距離巡航ミサイル」であり、27日発射のものが「地対地戦術誘導弾」と明らかにした。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular