2024 年 6月 14日 (金)
ホーム政治野党重鎮「オミクロンが大統領選の変数」

野党重鎮「オミクロンが大統領選の変数」

京畿道軍浦市の工場で職員が新型コロナ検査キットを生産している©news1

韓国保守系野党「国民の力」のキム・ジョンイン(金鍾仁)元総括選挙対策委員長は10日、CBSラジオに出演し、大統領選の最も重要な変数について「新型コロナウイルスの変異型『オミクロン型』の状況がどう展開するかが少なくない影響を及ぼすと思う」と明らかにした。それゆえ、「オミクロンへの対処と後遺症の克服方法を、誰がしっかり提示するかによって、国民の票が動くだろう」と述べた。

キム元委員長は「国民はオミクロンが自身の生命に関わるものであることに最も関心が高い」と述べたうえ、▽それぞれの候補が大統領になれば、これをどのように処理するのか▽経済的に疲弊した人々をどう、以前の状況に戻すのか▽防疫と治療をどうするのか――について、国民が見守り、票で答えるということだ、とした。

さらに「新型コロナが始まった2020年1月から昨年7月までの被害に対して、補償がまったくない。どう遡及するのか。これに対して、誰がどう国民と約束し、どううまくやるのかが重要だ」と指摘した。

また「真の指導者になるには、国民が本当に嫌がる話をする勇気が必要」と強調した。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular