2024 年 7月 20日 (土)
ホーム経済IT/メタバース配達費が上がりすぎた……韓国配達アプリ利用者1年間で634万人減

配達費が上がりすぎた……韓国配達アプリ利用者1年間で634万人減

ソウル・江南駅近隣で配達業務に従事する配達員(c)news1

韓国の配達アプリ3社(配達の民族、ヨギヨ、クーパンイーツ)を3月に利用した人の数が2898万人となり、前年同月(3532万人)比で634万人(18%)も減少した。ビッグデータプラットフォーム企業「IGAワークス」のモバイルインデックスが明らかにした。新型コロナウイルス禍が落ち着いたうえ、配達費やメニューの急騰を嫌気した利用者が「アプリ離れ」を起こしたのが大きな要因とみられる。

会社別では、ベミンとヨギヨの先月の利用者はそれぞれ1929万人と670万人で前年同月比7.25%と24.12%減少した。クーパンイーツは298万人で前年同月(568万人)の半分近い水準に落ち込んでいる。

配達アプリの利用者数は、ソーシャルディスタンスの解除などで昨年中盤から下落傾向にあった。家にこもって食事をする必要性が低下したからだ。

また、飲食店側が配達費を維持しようと、メニュー価格を高めて消費者に転嫁する動きが蔓延しており、価格上昇につながっている。

韓国消費者院によると、3社に入店するソウル市内の34飲食店1061メニューの価格を調査した結果、98%で配達のメニュー価格が店よりも高かった。

業界関係者は「物価が急騰し、飲食価格や配達費に負担を感じる消費者が増えている。各社とも、市場占有率を奪われないまま利用者離脱を防ぎ、収益構造も改善しなければならないというジレンマを抱いている」と話した。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular