2024 年 6月 16日 (日)
ホーム社会遠く済州島で結婚式の友人「飛行機代出すから来て」と言ったきり沈黙…あえて行くべきか

遠く済州島で結婚式の友人「飛行機代出すから来て」と言ったきり沈黙…あえて行くべきか

(写真=gettyimagesBank)(c)MONEYTODAY

友人がソウルから遠く離れた済州(チェジュ)島で結婚式を開くことにした。その友人は以前、「飛行機代を負担してやる」と言っていた。だが、結婚式が近づいてきたのに、友人は何も言ってこない。

「結婚式まで日がないので、飛行機とホテルを予約する必要がある。親しい友人なので祝儀は減らしたくない。結婚式に行かないわけにもいかない」

どうしたものか――韓国のあるオンラインコミュニティーにこんな書き込みが寄せられた。そこには、こう添えられていた。

「こちらから尋ねるしかないのか。向こうから言ってくれたら楽なのに。思ったよりお金がたくさんかかると伝えたのに何の反応もない。どうやら出してくれないみたい」

これを見たネットユーザーたちは多様な意見を寄せた。

「出してくれないなら、私なら行きたくない」

「そんな友達なら結婚式に来てもらえない。そう割り切って、結婚式に行かず祝儀も送らない」

「済州島なら飛行機代を式を挙げる側が払うべきではないか。招待客がどうやって来るか考えるべきだ」

友人の態度を問題視する声が多かった。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular