2024 年 5月 22日 (水)
ホームエンターテインメント映画「伝貰(チョンセ)逆転」、カンヌ短編映画祭に招待

映画「伝貰(チョンセ)逆転」、カンヌ短編映画祭に招待

写真提供=C-JeSエンターテインメント

映画「伝貰(チョンセ)逆転」がカンヌ短編映画祭の非競争部門に招待された。制作会社のC-JeSエンターテインメントが6日明らかにした。

「伝貰」とは、入居時に家主に支払うまとまった額の保証金で、退去時に全額返還してもらえる。家主は伝貰を金融機関などに預けて利息分を「家賃収入」としていたため、毎月の家賃は発生しない。「伝貰逆転」は、韓国だけに存在するこの制度の特殊性を扱う。

離婚を決めた借家住まいの夫婦が「伝貰」を早く受け取って分割しようと考え、結婚を控える未婚カップルの前で“幸せな家庭”を演じるという物語。現代の恋愛や結婚について、改めて考えさせられる内容だ。

演出を担当したクォン・ ヤンホン監督は「韓国的な要素を盛り込んだ映画のストーリーが、地球の反対側にいる観客にも共感を呼んだという点がうれしい」と語っている。

「伝貰逆転」は今年、韓国内外の映画祭やOTTを通じて公開される。

©STARNEWS

RELATED ARTICLES

Most Popular