2024 年 7月 19日 (金)
ホームエンターテインメントBTSの「Dynamite」、日本音楽著作権協会から「外国作品賞」受賞

BTSの「Dynamite」、日本音楽著作権協会から「外国作品賞」受賞

写真提供=BIGHIT MUSIC

日本音楽著作権協会(JASRAC)が18日、「2022年 JASRAC賞」受賞作リストを発表、BTS(防弾少年団)の「Dynamite」が「外国作品賞」を受賞した。

JASRACは毎年、前年度の音楽著作物使用料の分配額に応じて金賞、銀賞、銅賞、国際賞、外国作品賞を授賞する。

2020年8月21日に発売された「Dynamite」は、全世界に向けたBTSの希望のメッセージが込められた曲だ。BTSは同曲で米ビルボードメインシングルチャート「ホット100」で1位を占め、「2021グラミーアワード」で韓国の歌手としては初めて最優秀ポップデュオ/グループパフォーマンス(Best Pop Duo/Group Performance)部門の候補に名を連ね、単独ステージを飾った。

「Dynamite」は今年1月に累積再生回数5億回を突破し、日本レコード協会から歴代最短期間で「ダイヤモンド」認定を獲得した。

©STARNEWS

RELATED ARTICLES

Most Popular