2024 年 5月 27日 (月)
ホーム政治・社会・経済職場内いじめ禁止法3年…会社員の3人に1人は依然として「いじめの経験」

職場内いじめ禁止法3年…会社員の3人に1人は依然として「いじめの経験」

©news1

韓国で「職場内いじめ禁止法」(勤労基準法第76条の2)が施行されて3年。だが、会社員3人に1人は最近1年間に職場でいじめを経験したという。

市民団体「職場パワハラ119」は先月2~8日、会社員1000人を対象に実施したアンケート調査の結果、回答者の29.1%がこの1年間、職場内いじめを経験したと答えた。

職場内いじめの経験は法施行直後の2019年9月44.5%と比べると15.4%減ったが、まだ10人中3人(29.1%)の割合になっている。

いじめの程度については「深刻だ」という応答が35.4%だ。2019年9月の調査(38.2%)と比べると、ほとんど変わらなかった。法施行でいじめ自体は減ったが、いじめの程度と深刻さは同じようなものだ。

職場内いじめに遭えば会社や労働庁に申告できる。しかし、職場内いじめの経験者(291人)のうち73.5%は「我慢したり、知らないふり」していることが分かった。

申告しない理由としては、▽対応をしても状況が好転しそうにないから(74.5%)▽今後の人事などで不利益を被りそうだから(12.8%)▽自分がいじめられたことが他人に知られたくないから(6.9%)▽時間がなくて(4.7%)――などの順だった。

法施行以後、職場でいじめ予防教育を受けた経験があるという回答は47.8%で半分にも満たなかった。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular