2024 年 5月 24日 (金)
ホーム政治・社会・経済耳で聞く市場、すくすく…オーディオコンテンツスタートアップ

耳で聞く市場、すくすく…オーディオコンテンツスタートアップ

ソニーオーディオブックプロモーション紹介イメージ©NEWSIS

韓国で新型コロナウイルス感染流行以後、オーディオコンテンツ消費が増え、オーディオ関連スタートアップが注目を集めている。

米市場調査機関「グランドビューリサーチ」によると、グローバルオーディオブック市場規模は昨年42億ドルを記録した。2030年までに26.4%の年平均成長率を記録し、350億ドル規模に成長する見通しだ。

特にスタートアップが最近披露しているオーディオコンテンツは、キッズ・成人女性らを対象に特化したりショートフォーム・ソーシャルプラットフォームなど形態を多角化している。

最近のオーディオコンテンツスタートアップは多彩なサービスを提供し、市場の変化を主導している。

キッズ向けオーディオテックのスタートアップ「ココジ」は乳幼児教育に特化した「ココジハウスとアーティ」を2月に発売した。

ココジハウスとアーティはオーディオコンテンツが含まれたキャラクター「アーティ」をモノのインターネット(IoT)基盤のオーディオプレーヤー「ココジハウス」に入れれば、アーティに内蔵されたコンテンツが再生される新概念オーディオプレーヤーだ。

幼児期の健康な聴覚刺激が、頭脳発達に肯定的に作用するという側面から、新たな育児ソリューションとして脚光を浴びている。立ち上げ100日でプレイヤー7500個余りの販売、実使用者数1万人を突破した。

ココジは今年、ポロロ・タヨを保有する「アイコニックス」、ロボカーポリーの「ロイビジュアル」など、韓国の代表的アニメーション製作会社とキャラクターライセンス契約を結んだ。昨年12月には70億ウォン規模のフリーシリーズA投資を誘致したことがある。

センシュアルモーメントが運営する「プリング(PLING)」は女性向け成人ロマンスコンテンツを集中的に扱うオーディオドラマプラットフォームだ。

フリングは専門作家陣と声優、ユーチューブで活動するボイスクリエイターが集団創作を通じてオーディオコンテンツを提供する。長編中心の従来のオーディオブックとは異なり、ショートフォームコンテンツを主力とする。

6月にはスイジェネリスパートナーズを通じて17億ウォン規模のシリーズA投資を誘致した経緯がある。

ナイビの「流れ」はリアルタイムでオーディオコミュニケーションを進める、関心事を基にしたソーシャルオーディオプラットフォームで、5月コンテンツテクノロジーズからフリーシリーズA投資を誘致した。

流れは音楽を配信できる音楽著作権を解決し、音声コンテンツの録音と編集が自由だ。6月、韓国声優協会と業務協約を締結し、ラジオドラマも披露する予定だ。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular