2024 年 2月 26日 (月)
ホーム政治北朝鮮統一省、金与正氏の地位変化「断定は難しい」

統一省、金与正氏の地位変化「断定は難しい」

韓国統一省のイ・ジョンジュ(李鍾周)報道官©news1

韓国統一省は20日、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記の実妹キム・ヨジョン(金与正)副部長の肩書きや政治的地位が高まった可能性が提起されたことについて「断定するのは難しい」として慎重な態度を示した。

キム・ヨジョン氏は今月18日、故キム・ジョンイル(金正日)総書記10周忌の中央追悼大会の報道で、朝鮮労働党政治局委員と候補委員の間で名前が呼ばれていたことが確認され、政治局への再昇格の可能性が指摘されていた。

統一省のイ・ジョンジュ(李種珠)報道官は同日の定例ブリーフィングで「北朝鮮が今年1月の第8回党大会でキム・ヨジョン副部長を中央委員に補選して以来、現在まで政治局委員や候補委員に選ばれたと公表した事実はなく、主要行事などで並ぶ位置なども多様だ」と説明した。

また、キム・ヨジョン氏の現時点での公式の職位を、党宣伝扇動部副部長、党中央委員、国務委員であると改めて確認した。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular