2024 年 5月 22日 (水)
ホーム政治北朝鮮米韓、「北朝鮮挑発」に対抗…地対地ミサイル8発を日本海に発射

米韓、「北朝鮮挑発」に対抗…地対地ミサイル8発を日本海に発射

米韓両軍が6日午前、日本海上に発射した地対地ミサイル「ATACMS」(合同参謀本部提供)©ニュース1

米韓両軍が6日、地対地ミサイル「ATACMS」8発を日本海上に発射し、前日の北朝鮮による短距離弾道ミサイル挑発に対応した。

合同参謀本部によると、韓国軍と在米韓軍は同日午前4時45分ごろから江原道で約10分間、日本海上に向かってATACKSを8発発射した。

この日の射撃は「多様な標的を想定」して実施され、韓国軍が7発、米軍が1発発射したという。

米韓両軍が6日午前、日本海上に発射した地対地ミサイル「ATACMS」(合同参謀本部提供)©news1

同本部は「今回の米韓連合地対地ミサイル射撃は、北朝鮮が多数の場所でミサイル挑発をしても、常時監視態勢を維持した中で、挑発の元となる場所と指揮・支援勢力に対して、直ちに精密打撃できる能力と態勢を備えていることを示した」と評価した。

また同本部は「韓国軍は北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル挑発を強く糾弾し、朝鮮半島で軍事的緊張を高め、安全保障の不安を加重させる行為を直ちに中断することを厳重に促す」と強調した。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular