2024 年 5月 23日 (木)
ホーム政治米韓、「ウクライナ事態」で世界的なエネルギー安全保障協力へ

米韓、「ウクライナ事態」で世界的なエネルギー安全保障協力へ

グランホルム長官と会談するムン・スンウク氏©news1

韓国と米国は26日、ロシアのウクライナ侵攻が世界のエネルギー市場に否定的な影響を及ぼしてはならないという点で一致し、グローバルエネルギー安保協力を強化することで合意した。

ムン・スンウク(文勝煜)産業通商資源相は同日午後、米エネルギー省のジェニファー・グランホルム長官とオンライン会議を開き、両国を含む主要国のウクライナ危機の対応策について話し合った。

ムン長官は、ムン・ジェイン(文在寅)大統領がロシアの武力侵攻を抑制し、事態を平和的に解決するための国際社会の努力に支持を示し、これに協調していくという意志を表明したことを米側に伝えた。

また、産業通商資源省と外務省の共同声明を通じて、ウクライナ危機がエネルギー市場に否定的な影響を及ぼすことがないよう、米国などの友好国や国際エネルギー機関(IEA)との協力を強化すると発表したことを明らかにした。

グランホーム長官は、韓国側の共同対応の意志表明と声明発表に対して謝意を表し、石油市場、物価など世界経済の安定に向けて、両国間の実質的な協力分野においても共助の必要性を強調した。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular