2024 年 5月 26日 (日)
ホーム社会米国発モンゴル行き客の荷物、経由地・韓国で実弾100発押収するも「立件」できず

米国発モンゴル行き客の荷物、経由地・韓国で実弾100発押収するも「立件」できず

仁川国際空港(写真=仁川空港公社提供)(c)NEWSIS

米国から韓国・仁川(インチョン)国際空港を経由してモンゴルに向かっていた60代のモンゴル人男性客の手荷物から実弾100発が発見された。警察は実弾を押収したうえ、男性客を出国措置とした。

実弾が見つかったのは先月15日。22口径で、2つの箱に50発ずつ分けて入れられていた。仁川空港でX線検査にかけた際、男性の手荷物に不審な点があり、保安検査員が荷物を開いたところ、実弾が入っていた。

男性は「モンゴルで射撃を練習するため、スポーツ用にワシントンで購入した」と供述したという。警察当局は実弾を押収したうえで男性を出国させた。警察関係者は「男性は韓国に入国しておらず、所持許可を受ける必要がない。事実上、立件は不可能だった」と話している。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular