2024 年 5月 22日 (水)
ホーム政治北朝鮮米国初の女性国務長官、北朝鮮通、オルブライト氏死去

米国初の女性国務長官、北朝鮮通、オルブライト氏死去

北朝鮮の平壌を訪問したオルブライト米国務長官(中央、当時)。左は故キム・ジョンイル(金正日)総書記©AFP=news1

クリントン米政権時代に国務長官を務めたマデレーン・オルブライト氏が23日、がん闘病の末、死去した。84歳。ロイター通信によると、オルブライト氏の家族が同日、ツイッターで訃報を伝えた。

オルブライト氏は米国史上初の女性国務長官。その後、ライス氏、クリントン氏ら女性長官が相次ぎ、米国の「ウーマンパワー」の先駆者と呼ばれた。

在任中の2000年10月、北朝鮮の核拡散禁止条約(NPT)脱退で浮上した北朝鮮の核問題解決のため、米国の現職閣僚として初めて北朝鮮の首都・平壌を訪問し、キム・ジョンイル(金正日)総書記と会談した。

1937年、当時の東欧チェコスロバキアで生まれた。その後、米国に移住してコロンビア大で国際関係学を修めた。クリントン政権1期目(1993~97年)で国連大使、2期目(1997~2001年)で国務長官を務めた。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular