2024 年 2月 24日 (土)
ホームエンターテインメントインタビュー米サンディエゴ州立大学のオ・ジュヨン教授インタビュー (上)

米サンディエゴ州立大学のオ・ジュヨン教授インタビュー (上)

©MONEYTODAY

◇僕が僕のファンになる「K-POPダンス」

――海外の10~20代のK-POPダンスカバーブームがメディアで伝えられています。実際にそうですか。

オ・ジュヨン教授 米国の学生街にはダンスチームがたくさんあります。伝統があります。以前はチアリーダーダンスチームやヒップホップダンスチームがほとんどでした。しかし、最近はK-POPダンスチームも増えています。一定規模の大学にはほぼK-POPダンスチームがあります。

韓国で考えている以上に、K-POPダンスは米国で一般化しています。名門大学でもK-POPダンスを教養講座として開設しているほどです。カリフォルニア南部のある大学生ダンスコンテストに行ったことがありますが、10チームのうち6チームはK-POPダンスをしました。

このような変化を目の当たりにして「舞踊理論を研究する者として、K-POPダンスを理論的に分析し、記録する価値がある」と思いました。学問的研究がなかったわけではありませんが、このように1冊として世に送り出されるようになったのは、私が知る限りでは初めてです。

――どんな内容の本ですか。

オ・ジュヨン教授 K-POPダンスとダンスファンダムに対する初の理論書といえます。まずサバイバルオーディションプログラム、TikTokダンスチャレンジなどK-POPダンスの進化を見てみました。時期的には1980年代から進化のプロセスを追跡しました。最も中心となる分析観点はソーシャルメディアとファンダムです。

約5年間、カリフォルニア、ニューヨーク、ソウルの現場を研究し、K-POPダンサーとそのファンをインタビューしました。弟子が参加した振り付け・公演経験も本の土台になりました。韓流、大衆文化、メディア、公演、韓国学の学者や学生には良い資料になると思います。

米名門大UCバークレーのK-POPダンス講座の紹介画面©MONEYTODAY

――ソーシャルメディアをK-POPダンスのキーワードに挙げた理由は何ですか?

オ・ジュヨン教授 2020年代のK-POPダンスは「ジェスチャー型ポイントダンス」(gestural point choreography)が特徴です。上半身の動作が立体的・装飾的で、表情も変化が豊かで多彩です。このような振り付けが最も強調されるのがソーシャルメディアです。K-POPダンスは「ソーシャルメディアダンス」(social media dance)の特徴を代弁します。実際、TikTokにダンスコンテンツが本当に多いですが、K-POPダンスと似たスタイルが特に多いです。

最近はモバイル機器を通じてダンスを観覧することが多くなりました。それでダンスの振り付けも大きく変化しました。15秒ほどの短い時間の間、目を引くダンス、小さな画面でも目をひきつけるダンスが脚光を浴びています。表情や上半身の動作を強調するポイントダンスが多いですが、公演場の舞台なら遠すぎてよく見えないダンスです。ただ、モバイル機器の小さな画面ではよく見られます。K-POPエンターテインメント会社は、アーティストのミュージックビデオがYouTubeやTikTokで流通することをあらかじめ計算して振り付けを作るように、K-POPダンスはソーシャルメディアに適しています。

――ポップミュージックジャンルでダンスも別途に強力なファンダムができたのもK-POPダンスならではの特徴のようです。どうやってK-POPダンスファンダム文化を分析しましたか。

オ・ジュヨン教授 ダンスは、見てくれる人がいてこそ、存在が可能です。真似して踊ってくれる人がいてこそ、文化としての踊りになるのです。この時代はK-POPダンスです。このごろは舞踊学院でジャズダンスやヒップホップよりK-POPダンスを学ぶケースが増えています。バレエレッスンを受けるようにK-POPダンスを習っています。

K-POPカバーダンスは、世界のファンが原曲の振り付け、ダンス、表情、衣装を同じように模倣したものです。ファンがK-POPアイドルのダンスを真似する時、彼らはアイドルの体を模倣し、ひいては偶像化することで、結局、自分自身を「ファンダミング」(fandoming)しているのです。

――だから本の副題が「Fandoming Yourself on Social Media」。K-POPダンスを真似しながら自分が自分自身のファンになる。

オ・ジュヨン教授 K-POPダンスを真似する人たちは、まるで自分がアイドルになってような感覚になります。韓国語はほとんどわかりませんが、歌の口の形をできるだけ同じように真似ようと努力します。ダンスだけ踊ればいいのに、歌はうたう必要がないですが、最大限、アイドルに似ているように見せたいからです。

彼らにK-POPダンスを真似する時、一番難しいことは何かと聞いたら、歌詞を覚えることだとも言います。口パクはもちろん、顔の表情、ダンス中の移動動線など、すべてを同じように真似しようと考えます。服も同じように着て、化粧も真似します。

彼らは事実、自分がK-POPアイドルのように素敵な姿になりたいのであり、そのような素敵な自分をもっと愛したいのです。自分が自分のファンになるということです。米国でK-POPダンスに最も熱狂する層は、10~20代有色人種(アジア系、南米系、黒人系など)米国人が多いです。新型コロナウイルスのパンデミックの間、アジア系差別が激しかったが、K-POPダンスが彼らに誇りを与えています。

(下に続く)

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular