2024 年 2月 27日 (火)
ホームエンターテインメントインタビュー米サンディエゴ州立大学のオ・ジュヨン教授インタビュー (下)

米サンディエゴ州立大学のオ・ジュヨン教授インタビュー (下)

BTSのソウルコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE – SEOUL」の様子(写真提供=BIGHIT MUSIC)©news1

◇偏見を捨て、進化した韓国の踊り

――韓国では過去、ダンスは退廃的だという偏見がありました。

オ・ジュヨン教授 そうでした。ダンスは芸術ではないと言い、はなはだしくは映画「自由夫人」(1956)などに現れたように倫理的な問題で烙印を押された時期もありました。でも最近は本当に変わったじゃないですか。人々が体にお金を使う時代です。美容整形、ダイエット、化粧品などビューティー産業を見ればわかると思います。体を資本として価値のある時代で、体が最高の商品である時代です。

「ストリートウーマンファイター」(韓国のダンスサバイバル番組)のような新たな現象もこれを証明しています。ダンサーは今、最高の人気を得ていますが、過去には「バックダンサー」として常に後ろに立たなければなりませんでした。しかし、その方々のスタイルと個性、魅力が今は脚光を浴びています。

――「舞踊」という単語を使うと、とても難しく感じられます。

オ・ジュヨン教授 舞踊といえば純粋芸術のようであり、高級文化のようではあります。ところが、実はダンスは最も原始的な芸術で、体さえあればできるものでした。歴史的にも踊りは貧しい人々のものでした。バレエも王室から始まったものではありますが、19世紀のロマン主義時代、英国やフランスのように、工場で働いていた少女たちがバレリーナだった時代もありました。

ポップダンスは伝統的に社交ダンスです。以前のハリウッド白黒映画に出てくるワルツのようなダンスが代表的な社交ダンスです。ダンスはもともと社交的なことが重要ですが、最近、10~20代はソーシャルメディアで社交をします。そのため、この時代の社交ダンスのあり方は変わるしかありません。K-POPダンスが新しい代表的な社交ダンスになるのです。

――1980~90年代の人気ダンスはマイケル・ジャクソンが代表的な米国のポップダンスだったと思います。それが今はK-POPダンスに置き換わっている。

オ・ジュヨン教授 マイケル・ジャクソンからビヨンセまで続きました。ところがビヨンセ以降、米ポップダンスは世界を揺るがせていないようです。そこになぜ、K-POPダンスが入っていったのでしょうか。

私はK-POPダンスが英才教育の産物だと考えています。 幼いころから徹底したシステムの中で実力を育てるK-POPアイドルは、一種の英才教育を受けているわけです。K-POPとK-POPダンスは、その教育の成果のようです。特にダンスは、しっかりとした訓練を受けなければ、運動選手たちがそうであるように、身体的限界を乗り越えることができません。韓国を訪問する時はダンス教室「YGX」を必ず訪ねてみます。行ってみると、受講生たちの情熱的な目つきにいつも出会います。

――K-POPの世界的人気が衰えれば、K-POPダンスもそうなるんじゃないでしょうか。K-POPダンスが自生できるでしょうか?

オ・ジュヨン教授 2020年代に入って、K-POPダンスがダンスそのものだけで存在できるようになりました。米国の大学で講座までできるほどです。ヒップホップ、タンゴ、サルサも音楽ジャンルですが、それぞれのダンスも独立したダンスジャンルになりました。今はK-POPダンスのように、より大衆的なダンスが世界的なジャンルのダンスになることができるようです。

――K-POPダンスが産業的・ビジネス的に発展できる方法は何でしょうか。

オ・ジュヨン教授 結局、重要なのは信頼です。文化を消費することは、単純に素敵な物を購入すること以上のものです。購買を持続させることは信頼の問題でもあります。K-POPダンサーたちの技量はすでに最高のものです。これからはK-POPダンスがどのように異なる文化を尊重し、より良い世界を作ることができるか、その方向を提示すれば、より大きな跳躍を成し遂げることができると思います。

例えば、K-POPアーティストたちが「Black Lives Matter」(黒人の生命も大切だ)のような人種差別問題に関心を示す場合もあります。ファンは彼らの歌と踊りを文化コンテンツとして消費することを越え、おそらく人間として、より尊重し、信頼すると思います。人類普遍的価値と悩みをK-POPダンスの振り付けにも反映できるでしょう。K-POPダンスも他の芸術と同様に限界は決まっていません。

オ・ジュヨン教授©MONEYTODAY

――米国で権威ある舞踊理論学者になるまで、どのような道を歩んできたのか気になります。

オ・ジュヨン教授 韓国で小学校に行く前から純粋舞踊を習いました。芸術中学校、芸術高等学校を通い、エリート教育を受けたのです。2002年、梨花女子大舞踊科に進学しました。

大学1年生の時、大型書店に行きましたが、舞踊理論の書籍を探すのが大変でした。最も好きなジャンルなのに本がこんなにないのかと思いました。それで私が本を書きたくなりました。本は文章で書く必要があるため、哲学も専攻しました。大学の修士課程で美学を勉強し、振付師、舞踊家としても活動しました。米テキサス州オースティン州立大学でパフォーマンス勉強会で博士号を取りました。

――米国で研究しながら大変なことも多かったし、やりがいもあったと思います。今後の計画は。

オ・ジュヨン教授 白人中心の舞踊界で、韓国の大衆舞踊を研究するアジア女性、というポジションによる疎外感が最も大変でした。しかし、米国・欧州・白人中心の公演様式こそ優れている、という西欧学界の植民地的観点に挑戦することに、学者としてやりがいを感じています。

また、今回の本が出版されるやいなや良い反応を得ています。K-POPダンスを愛する多くのファン、学者、学生たちの関心が感じられます。本の多様な事例研究で見られるように、K-POPダンスが世界の若者に受け入れられるプロセスは、韓国国内で議論される観点と異なる部分がたくさんあります。今後、より良い研究が世に送り出され、韓国学科文化間コミュニケーション、舞踊芸術学研究が活発化することを願います。

米国には韓国の現代舞踊、伝統舞踊、バレエ理論書があまりありません。韓国の研究者として韓国の振付師の作業を理論化して披露したいです。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular