2024 年 6月 14日 (金)
ホーム経済不動産稼ぎ方を知る韓国「スーパーリッチ」…投資の選択は「まず株式、次に不動産」

稼ぎ方を知る韓国「スーパーリッチ」…投資の選択は「まず株式、次に不動産」

(c)MONEYTODAY

韓国のスーパーリッチが、今後投資したい資産として、真っ先に「株式」を上げていることが、ハナ銀行ハナ金融経営研究所がこのほど公開した「2023韓国ウェルスレポート」で明らかになった。

スーパーリッチとは、金融資産100億ウォン(1ウォン=約0.1円)以上または総資産300億ウォン以上を持っている富裕層を指す。この報告書はスーパーリッチと一般投資家ら計2013人を調査して作成された。

スーパーリッチは今後の投資意欲が最も高い資産として株式(29%)を1位に挙げた。不動産については「不動産景気が良くない」との見方から、2位(27%)にとどまった。3位に預金(15%)▽4位に債券(12%)▽5位にファンド・信託(7%)――がそれぞれ続いた。

スーパーリッチの51%が「今年、不動産購入計画がない」という。

このほか、スーパーリッチは▽現金など(2%)▽保険や年金など(2%)▽ETF(Exchange Traded Fund・2%)▽暗号資産(2%)――などに投資意欲があると明らかにした。

ハナ金融経営研究所が分析した韓国国内スーパーリッチの総資産平均は323億ウォン。昨年比で50億ウォン減になっている。

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular