2024 年 5月 24日 (金)
ホーム政治・社会・経済秋夕連休、9割が乗用車で帰省・帰京

秋夕連休、9割が乗用車で帰省・帰京

©news1

韓国政府は今年の秋夕連休(9~12日)中、帰省・帰京する人員が全国で3017万人に達すると予測した。ソーシャルディスタンス解除以後初めて迎える節句のため、交通量も大きく増える見通しで、政府はこの期間を特別交通対策期間に定め集中管理に入る。

国土交通省と韓国交通研究院が実施した実態調査によると、連休前日で平日の8日には、全国で574万人が帰省の途につくものと見られる。連休初日の9日には移動人数が609万人に増え、秋夕当日の10日には帰省客とともに早い帰京行列が始まり、最大758万人まで急増すると予測された。11日には624万人が、連休最終日の12日には最も少ない452万人が移動するとみられる。

移動量は11日が22.9%で最も高く、10日の21.8%、12日の17.1%、9日の17%の順だった。特に「11日午後2~3時」は交通混雑が深刻になると予想される。

交通量分散のための措置も実施される。今回の連休の帰省・帰京客10人に9人(90.6%)は移動手段として乗用車を利用するとされる。利用高速道路は▽京釜線24.4%▽西海岸線12.1%▽湖南線(天安-論山)9.8%▽嶺東線7.7%――などの順だった。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular