2024 年 7月 25日 (木)
ホーム経済IT/メタバース生成AIと音楽、だれでも作曲・著作権どうする…韓国の業界で続く試行錯誤

生成AIと音楽、だれでも作曲・著作権どうする…韓国の業界で続く試行錯誤

(c)NEWSIS

これに賞を与えるべきかどうか、そして、これから私は何を食べて生きていくべきか――韓国で「ヒット曲製造機」と言われる作曲家、キム・ヒョンソク氏は今月初め、X(旧ツイッター)にある作曲公募展に審査委員として参加した感想を残した。優勝曲を、人間ではなく人工知能(AI)が作ったという事実を知って、心境を自虐的に表現したのだった。

市場分析会社のマーケット・ドット・アースによると、生成型AIを利用したグローバル音楽市場の規模は、2022年の約2900億ウォン(1ウォン=約0.11円)から、2032年は約3兆3800億ウォンへと、11倍成長する見通しだ。

生成型AIは音階間の数学的関係である和声学を理解して作曲できる。音階のように連続したデータを学習できる人工神経網が適用された。さらに高度化されて、コード進行などの展開が自然な作曲ができるようになった。

現在公開されている作曲AIソフトウェアを利用すれば、和声学を知らなくても数分以内にポピュラー音楽を作ることができる。

昨年5月に公開されたグーグル「ミュージックLM」は「夕食パーティーにふさわしい」など抽象的な命令語だけでもジャズを作り出す。昨年メタ(旧フェイスブック)がオープンソースとして出した「ミュージックジェン(Music Gen)」は80秒あれば10秒の音楽を作る。

創作だけでなく、編曲などに使用することで人件費と時間を節減することができ、韓国の業界でも関連技術投資が活発だ。

ジニーミュージックは2022年、音楽、AI、スタートアップのジュース(Juice)を51億ウォンで買収した。以後、ジュースの技術力で歌手テイの「同じ枕」を編曲し、ドラマ挿入曲として活用した。

技術活用が活発になるにつれ、著作権問題も伴う。現行の著作権法上、権利主体は人間だけだ。韓国音楽著作権協会は2022年、クリエイティブマインドのAI「イ・ボム」による作品「愛は24時間」を登録し、著作権料の支払いをとりやめたことがある。

クリエイティブマインドのイ・ジョンヒョン代表は「作曲AIだけでなく、人間の作曲家が後処理の形で創作に携わることもある。人間との協業など多様な形態の創作を認めるためには関連制度の整備が必要だ」と指摘する。

韓国音楽著作権協会はAIとの協業物で人間の持分を認めている。ただ、全面的に人間の説明に基づいたものであり、これを検証する制度が必要だ。協会関係者は「AIが100%作曲した曲であるにもかかわらず、人間の寄与度を実際より大きく申告すれば、これを検証・制裁する法的根拠はない」と説明した。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular