2024 年 6月 14日 (金)
ホームライフスタイル現代リバート統合ブランド「リバートチプテリア」発売

現代リバート統合ブランド「リバートチプテリア」発売

©news1

韓国の家具メーカー「現代リバート」は22日、厨房・浴室・建具など主要部門別の専門ブランドを統合した「リバート・チプ(家)テリア」を発表すると明らかにした。

同社はこれを通じ、今年60兆ウォン規模と試算されるインテリア市場の攻略に死活をかける覚悟だ。

©news1

現代リバートはトータルインテリア事業のポートフォリオを構築するため、2015年の「リバートキッチン」を手始めに「リバートバス」(2020年)と「リバートウィンドー」(2021年)など分野別でブランドを展開している。

今回公開したリバートチプテリアは、キッチン家具、浴室、建具、床材、壁紙など、リバートのすべてのインテリア製品について▽相談▽空間コンサルティング▽購入▽施工▽アフターサービス――などをワンストップで提供する。顧客の好みに合わせて資材から施工範囲を自由に選べるパッケージ商品だ。

パッケージは、ライフサイクルやインテリアトレンドを反映して4つで構成されている。パッケージの詳細は▽未就学児がいる3人家族用の「エアリーソフト」▽ホームパーティーを楽しむ新婚夫婦を狙った「フレンチグラム」▽面積198平方メートル以上の広い住まいに合わせた高級商品「リニアシック」▽在宅・収納など空間活用性を極大化した「モダンナチュラル」――などだ。

©news1

パッケージの代わりに専門家がデザインした54種のインテリアを選択することもできる。詳細は▽キッチン(22種)▽バスルーム(18種)▽建具(4種)▽床(5種)▽壁紙(3種)などから家具や建材・資材を直接選び、全体または一部の空間を設えることができる。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular