2024 年 7月 25日 (木)
ホーム政治・社会・経済物価高で都市勤労者も実質所得減

物価高で都市勤労者も実質所得減

11月17日、ソウルのある大型マートの飲食コーナーで買い物をする市民ら(c)news1

韓国で今年第3四半期、都市勤労者世帯の実質所得が減ったことがわかった。物価高の影響が所得に打撃を与えたとみられる。

韓国統計庁国家統計ポータル(KOSIS)によると、今年第3四半期の韓国の特別市と広域市を含めた都市に居住する1人以上の勤労者世帯の月平均名目所得は555万6746ウォン(約58万円)で、1年前より0.9%増加。だが、物価を考慮した実質所得は510万9182ウォン(約53万円)で、4.7%減少した。都市勤労者の実質所得の減少分は、全国1人以上の世帯の実質所得減少分(2.8%減)より幅が大きい。

消費者物価指数は1月の前年同期比伸び率が3.6%となったあと、3月は4.1%、5月は5.4%、6月は6.0%と上昇。第3四半期が始まった7月は6.3%まで上がった。8月と9月にも5%台後半の物価高が続いた。

これにより、都市勤労者実質所得は第1四半期に2.5%増えたものの、第2四半期には0.1%減に転じ、第3四半期には4.7%減となった。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular