2024 年 5月 23日 (木)
ホームライフスタイルトラベル物価高でも旅行をあきらめない…韓国の「コスパ良い」旅行地6カ所 (4)

物価高でも旅行をあきらめない…韓国の「コスパ良い」旅行地6カ所 (4)

牛浦(ウポ)沼の晩秋風景(韓国観光公社提供)©news1

◇韓国観光の星を半額で…昌寧牛浦沼・牛浦トンボの国

牛浦(ウポ)沼は昌寧(チャンニョン)「コスパツアー」の最初の訪問地としておあつらえ向きだ。「ラムサール条約に登録された国内最大規模の内陸湿地」というタイトルだけでも牛浦沼に行く価値は十分ある。

2014年、文化体育観光省と韓国観光公社が選定した「韓国観光の星」に堂々名が挙がり、入場料と駐車料がないという点も魅力だ。2021年11月25日から観覧料を受け取らない牛浦沼生態館で実施されるエコヌリプログラムをしっかり学べば、より実りのある旅行になる。

牛浦トンボの国は牛浦沼に生息するトンボを含め、いろいろな昆虫について学ぶ体験学習館だ。入場料50%を昌寧愛商品券で戻してくれるので節約できる。

入場料と観覧料を受け取らない牛浦沼生態体験場と昌寧博物館も見逃せない。ウサギの餌やり体験場、野ウサギ童謡館、レールソリ場など多様な体験施設を備えた「野ウサギの歌の園」は、入場料が安く(大人2000ウォン、未成年1500ウォン、子供1000ウォン)で終日時間を過ごすのに良い。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular