2024 年 6月 14日 (金)
ホーム経済焼酎の値上げで高値になった焼酎瓶「空き瓶需給難発生」

焼酎の値上げで高値になった焼酎瓶「空き瓶需給難発生」

©news1

韓国で現在、焼酎の出庫価格引き上げが空き瓶の需給難をあおるという指摘が出ている。値上げ前の需要に応じるため、卸売業者の先行注文が増えているからだ。焼酎メーカーは空き瓶確保のため、通常より約2倍高い価格の支払いもいとわない。

業界関係者によると、焼酎出庫価格のドミノ引き上げが続いている中、空き瓶の不足現象が発生している。一部の地方焼酎メーカーは、空き瓶不足のため製造に支障をたしている。

空き瓶は焼酎製造に欠かせないだけに、物量確保のための焼酎メーカー間の競争も激化している。焼酎の空き瓶は現在、1本当たり100ウォンだ。一部の業者は1ケース当たり普段の2倍の料金で空き瓶を確保している。空き瓶とともに、ケースとパレットの不足現象も起きている。

関連業界では、需要予測の失敗とともに、焼酎の出庫価格の引き上げや「ホーム酒族」の増加を主要原因として取り上げている。 先月23日、ハイト真露(ジンロ)をはじめ、ロッテ七星(チルソン)飲料、舞鶴(ムハク)、宝海(ボヘ)醸造、大鮮(テソン)酒造など焼酎メーカーの引き上げドミノが続いている。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular